スポンサーリンク

フィリピンでは「CX-8」と「CX-9」の両方が人気を獲得しているらしい

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの3列シートSUV「CX-8 & CX-9」

兄弟的な存在である両モデルが共存して人気を得ている国があるようです。

情報元:Mazda Philippines Records 38 Percent Sales Growth In H1 2021 | CarGuide.PH | Philippine Car News, Car Reviews, Car Prices

情報元は「CARGUIDE.ph」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダ車の独占販売代理店であるBermazAuto Philippines Inc.が2021年上半期の売上高を発表、前年同時期と比較して38%改善された
  • CXシリーズが総売上高の60%を占めた
  • 特に「CX-9」は前年同期比で100%の売上増、「CX-8」に関しては50%の成長を記録
  • 「CX-8」は200万ぺソを超えるモデルで最も売れている7人乗りSUVであり、2位が「CX-9」となっている
  • プレミアムクロスオーバーセグメントにおいて、CX-8とCX-9は2021年上半期では63%のシェアを獲得している

フィリピンでは「CX-4」と「MX-30」を除くすべてのモデルが投入されています。同じ3列シートSUVである「CX-8」と「CX-9」がラインナップに並んでいますが、どちらも人気を獲得しているようです。

両方とも人気を獲得しているのは凄いです。
CX-5とCX-8の場合はすみ分けができていると思っていましたが、同じ3列シートのCX-9でも共存できるものなんですねぇ。CX-8とCX-9は外内装が異なっており、CX-9はマツダの中でも最上級ラグジュアリーカー的な立ち位置ですので、そういった面が要因なのかもしれません。

そう考えると、CX-9は新世代へ移行するとなると「さらなるラグジュアリー感」が増していきそうですね。対してCX-8はCX-5とCX-9の中間を担うコスパの高いモデルへと更なる進化をしていきそうな気もします。

ここら辺がラージ群でどうすみ分けしていくのか気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました