スポンサーリンク

再びマツダが海外2工場(タイ・メキシコ)の操業を停止予定

マツダ全般
スポンサーリンク

9月に入り、マツダが海外2工場を再び操業停止にすることを決定したようです。

情報元:海外2工場の操業停止 マツダ、タイとメキシコ | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は、中国新聞デジタルです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダは2日、海外2工場(タイ・メキシコ)の操業停止を決定した
  • 理由「は半導体不足の影響」
  • タイは8日間、メキシコは7日間操業停止予定

以前から何度かマツダの海外工場が操業停止になることがありましたが、今月も操業を停止せざるを得ない状況になってしまったようです。理由としては「半導体不足」ということで、マツダとしてどうしようもないことですのでこれは辛いですねぇ。

今、世界各国で「半導体争奪戦」が行われています。
半導体不足が2023年まで続くという予想がたてられていますので、これからはさらに争奪戦が過熱していきそうなのが怖いです。

マツダは他にも「大雨」や「新型コロナ」などの影響で工場を停止していますので、その影響が心配です。現時点でマツダは具体的な数字を提示していませんが、何とかマツダの目標を達成できるように祈るばかりです。

タイトルとURLをコピーしました