スポンサーリンク

MAZDA3(オーストラリア仕様)では「チタニウムフラッシュマイカ」が廃止

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

残念ながら、オーストラリアではボディカラー「チタニウムフラッシュマイカ」が廃止される用です。

情報元:New Mazda3 and CX-30 hybrids on way – carsales.com.au

情報元は「carsales.com.au」です。
こちらには、オーストラリア仕様の2022 MAZDA3と2022 CX-30の詳細が掲載されているんですが、その中にMAZDA3のボディカラーについてが書かれています。

A Platinum Quartz exterior paint option is now available across the CX-30 range, while Platinum Quartz Metallic is available for the Mazda3 range. Sedan versions of the Mazda3 can also now be had in Polymetal Grey, while the Titanium Flash hue option has been discontinued.

[機械訳]
CX-30」には「プラチナムクオーツ」、「Mazda3」には「プラチナムクオーツメタリック」を設定しています。また、「Mazda3」のセダンには「ポリメタルグレー」を設定し、「チタニウムフラッシュ」の設定は終了しました。

引用元:New Mazda3 and CX-30 hybrids on way – carsales.com.au

新色「プラチナクォーツメタリック」が追加されると同時に「チタニウムフラッシュマイカ」が廃止されることが明示されていました。これは残念ですねぇ。

確かにMAZDA3で「チタニウムフラッシュマイカ」はあまり見たことがありませんでした。私自身、日本国内ではごくまれに街角でファストバックを見かけたことはありますが、セダンでは一度も見たことがないかもしれません。

そういえば以前、2022 CX-30のボディカラーが1色廃止されるという話がありました。
「2022 CX-30」で廃止されるカラーと追加されるカラーを予想してみる

こちらは欧州での話ですが、もしかしたら欧州でも「チタニウムフラッシュマイカ」が廃止されるのかもしれませんねぇ。

ただ、チタニウムフラッシュマイカに変わる新しい色合いが登場するのかもしれません。
マツダの新ボディカラーは「Ingot Blue Metallic」と「Zircon Sand Metallic」

カラー廃止は悲しい気持ちになりますが、それと同時に新しいカラーにワクワクしますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました