スポンサーリンク

MX-30の後部座席ドアを通常スタイルに変更してみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

フリースタイルドアではなく、通常ドアに変更してみたいと思います。

ただ何となくやってみたくなりました。
MX-30は登場当初から「フリースタイルドア」という観音開き方式が採用されていました。これにより、よくある普通のクルマとは一線を画すデザインや使い勝手が実現されています。

そんなMX-30のフリースタイルドアをなくなった姿を見てみたくなったのでやってみます。

上:MX-30 M Hybrid(オリジナル)
下:後部座席ドアを変更した図

雑なのはいつものことなのでご愛敬。
通常ドアスタイルにすると、いわゆる普通のSUVという感じなりました。これはこれで個人的には良いと思うんですが、内部構造が大幅に変わりそうなのが怖いですね。これだと荷室の容量が大幅に減りそうですねぇ。

MX-30は、フリースタイルドアのおかげで独特なデザインが表現されているということを再確認できました。日常生活での使い勝手は実際に使ったことがないのでわかりませんが、今後もマツダはこの方式を使用していくのかなどが気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました