スポンサーリンク

2022 CX-5の「ウインカー部分」をみてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

中国でデザイン変更されました。
気になる「ウインカー部分」についてを考察します。

前回:「2022 CX-5」を真正面から見る

前回、デザイン変更された中国の「2022 CX-5」をよくみてみました。他車種と比べてみても、かなり印象が異なっているのが確認できました。

そして忘れていたんですが、個人的に気になっていた「ウインカー部分」についてを考察します。

元画像:中国工信部

うっすらとオレンジ色も燃えているので、オレンジ矢印部分ではないかと思われます。ヘッドライトに関しては「L字」部分が光る可能性がありそうだなぁと思っていましたが、意外とシンプルに発光するのかもしれません。よく考えてみると、現行モデルと変わらない位置にあるんですよね。

ということは「L字」部分はポジションランプという可能性が高いですので、これは2つ同時に光るんですかねぇ。なんとなくですが、ちょっと中国が好む感じのように思えますので、もしかすると日本仕様ではここらへんは変わっている可能性がありそうです。

以上です。
これで謎が少し解けました。
このモデルがグローバル仕様なのか、それとも中国仕様だけなのか、そこら辺の謎が解けるともっとスッキリしそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました