スポンサーリンク

将来のMX-5(日本名:ロードスター)、電動化と軽量化の両立のために

マツダ全般

マツダの人気スポーツカー「MX-5(日本名:ロードスター)」
その将来のお話です。

情報元:Mazda ponders MX-5’s future | Autocar

情報元は「AUTOCAR」です。
こちらには、マツダの廣瀬氏と前田氏のコメントが掲載されており、MX-5の将来性についてが少し語られています。

廣瀬氏の発言は以下の通り。

R&D boss Ichiro Hirose said: “The lightweighting and compact size are essential elements of MX-5, so even if we apply electrification, we have to make sure it really helps to achieve the lightweighting of the vehicle.”

[機械訳]
研究開発部門のボスである廣瀬氏は、「軽量でコンパクトなサイズはMX-5の重要な要素であるため、電動化を適用したとしても、車両の軽量化の実現に本当に役立つことを確認する必要があります」

引用元:Mazda ponders MX-5’s future | Autocar

前田氏の発言は以下の通り。

Brand and design chief Ikuo Maeda flagged changing public opinions as a consideration on which powertrain to use. “The preference of people who enjoy driving sports cars might be changing, so we need to think about what direction society is going,” he said. “We want to look at the best powertrain to keep the vehicle lightweight, but because of the diversifying requirements and preference, we need to explore various options.

[機械訳]
ブランドおよびデザインチーフの前田氏は、どのパワートレインを使用するかについての考慮事項として、世論の変化にフラグを立てました。 「スポーツカーの運転を楽しむ人々の好みは変化している可能性があるため、社会がどの方向に向かっているのかを考える必要があります」と彼は言いました。 「車両を軽量に保つために最適なパワートレインを検討したいのですが、要件と好みが多様化しているため、さまざまなオプションを検討する必要があります。

引用元:Mazda ponders MX-5’s future | Autocar

この発言は、いままで他メディアでも取り上げられていますね。
将来的にロードスターも電動化されるそうですが、そう簡単に電動化されることはなく、様々な要件などがあるそうです。
一番のネックは電動化と軽量化の両立です。
電池を積めばその分重くなるので、せっかくのロードスターの良さがなくなってしまいます。そのためにも、「様々なオプション」という形がとられるようです。
これは非常に難しい問題ですが、そういった問題にもマツダは今までも立ち向かって解決していきました。
どうなっていくのか、非常に楽しみです。
また、あっと驚かせてくれるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました