スポンサーリンク

新型MAZDA3開発主査の別府氏、ブランド戦略部長へ

マツダ全般

2019年11月1日、マツダは人事異動を発表しました。
その中に、MAZDA3開発主査の別府氏の名前が挙がっています。

情報元:【MAZDA】人事異動|ニュースリリース

情報元は、マツダニュースリリースです。
2019年11月1日付で人事異動が発表されました。
個人的に注目したのこの2つの人事異動です。

氏名
ブランド戦力部長兼
商品本部主査
商品本部主査 別府 耕太
グローバル販売&マーケティング本部主査兼
カスタマーサービス本部主査
商品本部主査 児玉 眞也

別府氏と言えば、新型MAZDA3の開発主査ですね。
マツダの新世代商品第1弾の開発主査という輝かしい実績があるお方で私もイベント等で直接お話を聞かせて頂きました。
今後、開発本部主査でありながらも「ブランド戦略部長」として、マツダブランドのさらなる強化に図るようですね。

そして、もうお一方は児玉氏です。
この方は2代目CX-5の開発主査を担当されていましたね。
あの美しいデザインと優れた機能性、コストパフォーマンスにも優れた商品を開発されてきました。
そんな児玉氏は、マーケティングとカスタマーサービス部門の方へ足を進めていくようです。意外だと思ったのは、「カスタマーサービス」の本部主査にも抜擢されたこと。
顧客の声を聴くことも大事ということなのかもしれません。

以上です。
マツダは頻繁に人事異動があって羨ましい。
それだけ内部の変革が起こっているのかもしれませんね。
今後は、マツダも生き残りにかけた正念場が続きます。
頑張ってほしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました