スポンサーリンク

マツダが次世代バイオディーゼル燃料(SKYACTIV-D 1.5)を活用してモータースポーツに参戦

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が、カーボンニュートラルの実現に向け、次世代バイオディーゼル燃料を活用してモータースポーツに参戦すると発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、次世代バイオディーゼル燃料でモータースポーツに参戦|ニュースリリース

情報元は、マツダニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • カーボンニュートラルの実現に向け、次世代バイオディーゼル燃料を活用してモータースポーツに参戦すると発表
  • 「MAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIO」としてST-Qクラスに参戦
  • 、従来のディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 1.5)を搭載した競技車両に、使用済み食用油や微細藻類油脂を原料とした100%バイオ由来の次世代バイオディーゼル燃料を使用
  • 11月13日(土)と14日(日)に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久レースin岡山に参戦
  • 今回マツダが参戦する車両に搭載されているSKYACTIV-D1.5は、エンジン自体を変更することなく次世代バイオディーゼル燃料で十分な性能を発揮することが可能
  • 100%バイオ由来の次世代バイオディーゼル燃料の実証実験として、ユーグレナ社からのバイオ燃料「サステオ」供給

マツダが以前から取り組んでいる「バイオディーゼル燃料」を活用してレースに参戦するそうです。従来のSKYACTIV-D 1.5はエンジン自体の変更をしていないにもかかわらず使用することができるのは素晴らしいですねぇ。

また以前から気になっていた商標登録「MAZDA SPIRIT RACING」が使用されていました。ここで使用される商標だったんですねぇ。

将来、この燃料が自家用車でも当たり前のように使用できると面白そうです。

タイトルとURLをコピーしました