スポンサーリンク

マツダのAWD標準化は北米の「CXシリーズ」が対象、他のモデルにはFFなどの提供もあり

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダは北米で「SUVのAWD標準装備化」を推進しています。

今回は、それ以外のモデルについてです。

情報元:Mazda Dropping FWD Option From Every SUV For 2022 – CarsDirect

情報元は「CarsDirect」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 北米マツダが「2022 CX-5」を発表した際に「今後すべてのCXモデルに標準装備される」と宣言した
  • マツダのスポークスマン曰く「FWDは22MY以降のマツダCX車両のオプションではなくなります。これは特に米国市場向けです」
  • マツダから届いたメールをよく見てみると、「他のマツダ車はまだFFを提供しているかもしれない」と書かれていた

マツダのAWDを標準する計画は「北米向け」であるそうです。確かに欧州の2022 CX-5のカタログなどをみるとAWDのほかにFFが設定されているのが確認できています。
マツダスイスも2022 CX-5の価格表を公開、「Mi-Drive」にはスポーツモードとオフロードモード?

また対象となるモデル「CXシリーズのみ」ということで、他のモデル(例:MAZDA3など?)に対してはFFを提供し続ける可能性も示唆していますねぇ。

ただ個人的に気になるのが「直6後輪駆動」の存在です。
これは2022年に登場する「ラージ群」が該当すると思うんですが、これがSUVだと「AWD」にしないといけなくなりますよね。なので、もしかすると「直6後輪駆動SUV」という存在は「CX」という名前ではないのかもしれません。

単なる妄想ですが、ワクワクしますねぇ。
巷では「CX-50」と言われていますが、果たしてどうなるのか。
気になります。

タイトルとURLをコピーしました