スポンサーリンク

MAZDA3 SEDANに「ポリメタルグレー」と「プラチナクオーツ」を試してみる

マツダ全般
スポンサーリンク

ちょっとした時間シリーズです。
MAZDA3 SEDANに外装色「ポリメタルグレー」と「プラチナクオーツ」を試してみます。

海外の2022年モデル及び2021年冬商品改良の「MAZDA3 SEDAN」には、外装色ポリメタルグレーメタリック」と「プラチナクオーツメタリック」が追加されると予告されています。

以前もちょくちょく試してみたんですが(ファストバックとか)、今回は「MAZDA3 SEDAN」に限定して2色を個人的に試してみたいと思います。

色味は敢えて濃くしています。
なので、ちょっと印象と違うかもしれませんが、実際の色味を再現しようとすると薄くなってしまうんですよねぇ。

さて本題です。
MAZDA3 SEDANは「エレガント」のデザインとなっています。それに対して「プラチナクォーツ」が温かみのある色合いで上品な感じになっているように思えます。また、その逆に「ポリメタルグレー」は、上品さの代わりにスポーティな感じが加わってこれまたかっこいいですねぇ。

どちらも案外よく似合う色いです。
ポリメタルグレーに関しては、MAZDA3発表当初は「セダンには合わない」というような雰囲気でしたが、その評価は発売から数年たって変化しましたねぇ。

マツダのつくるカラーはとても好きです。
これからどのような新しいカラーが登場するのか密かに楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました