スポンサーリンク

2022 CX-5での「プラチナクォーツメタリック」の扱いについて

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

2022年モデルでの外板色「プラチナクォーツメタリック」についてです。

前回:マツダドイツが「2022 CX-5」紹介ページや通常モデルの画像を公開しました

前回、マツダドイツでも「2022 CX-5」紹介ページが公開され、欧州では色々と情報がでてくるようになってきました。全ての欧州仕様では、ボディカラー「チタニウムフラッシュ」が廃止され、そのかわりに「ジルコンサンドメタリック」が初採用されています。

そういえば「プラチナクォーツメタリック」が存在していません。2022 CX-5には「プラチナクォーツメタリック」は採用されないのかな?と思っていましたが、中国で公開された画像ではそれっぽい車両が確認されているんですよね。

画像:中国工信部

外での写真なので「ジルコンサンド」が「プラチナクォーツメタリック」っぽく見えているのかなとも思っているんですけど、ジルコンサンドを外で撮影した写真だとこんな感じになります。

画像:MAZDA 

ジルコンサンドは黄色っぽいというか色合いが違うように思えます。そう考えると国によって「プラチナクォーツメタリック」と「ジルコンサンド」を使い分けるのでしょうか?

これに関しては各国の「2022 CXー5」が正式発表されてみないとわかりませんが、他のモデル(CX-8やMAZDA/CX-30など)には採用されていますので国によっては採用される可能性は高そうですねぇ。

もし「ジルコンサンド」と「プラチナクォーツメタリック」を市場によって使い分けているとしたら、マツダは非常に細かい商品戦略をとっていますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました