スポンサーリンク

マツダが「2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画」を発表、日本では「CX-60」「CX-80」を投入

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が「2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画」を発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表|ニュースリリース

情報元はマツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表
  • 新商品は「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」
  • 各モデルの投入地域は下記の表を参照
  • CX-50は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に、新たなラインアップの中核として導入するクロスオーバーSUV
  • CX-50はスモール商品群に属し、米国アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市に建設したトヨタ自動車株式会社との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」(MTMUS)で2022年1月から生産を開始する予定
  • ラージ商品群のCX-60、CX-70、CX-80、CX-90は、既存モデルのCX-5や新型CX-50から上の幅広い価格帯に位置するモデルで、2つの異なるボディタイプと2列と3列の2つのシートタイプを展開
  • 直列4気筒ガソリンエンジンとモーター駆動を組み合わせたプラグインハイブリッドを中心に、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」や「SKYACTIV-D」を直列6気筒化し、48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、出力性能と環境性能を高次元に両立
  • 2022年前半にロータリーエンジンを発電機としたモデルを投入予定(MX-30)
  • 2025年頃にはEV専用プラットフォーム商品群を導入
  • CX-5は継続予定

画像引用元:MAZDA NEWSROOMマツダ、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表|ニュースリリース

日本でも詳細が発表されました。
各市場に合わせたサイズの新世代商品群を投入していくみたいですねぇ。基本的にワイドボディかそうでないかという構成になっていくようです。こうなっていくと、マツダのSUVラインナップが凄いことになりそうです。

特に日本で投入さる「CX-60」や「CX-80」がとても気になりますねぇ。
北米では「CX-90」が「CX-9」の後継モデルとなるということが明言されていたので、もしかすると「CX-8」も「CXー80」に切り替わるのかもしれません。そして「CX-60」が新たなモデルとして追加されるというのは胸が熱い展開です。

タイトルとURLをコピーしました