スポンサーリンク

MX-30のデザインを「MAZDA3 & ロードスター」に当てはめてみる。

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

第7世代の中でも独創的なデザインをしています。
そんなMX-30のフェイスデザインをMAZDA3やロードスターに当てはめてみたいと思います。

前回:MX-30の「プレミアムヴィンテージ人工皮革」は環境負荷低減に貢献している。

前回、マツダオランダのニュースリリースにて公開されているマツダデザインについてのお話で「MX-30」について語られていました。この「MX-30」のデザインが将来、他のモデルにも影響を与える可能性があるらしいので、現時点で「MX-30」のフロントデザインは他のモデルにはどのような印象になるのか気になってきました。

全く同じデザインをセダンやスポーツカーに採用することはあり得ないと思いますが、なんとなく気になったのでやってみました。

まずは「MAZDA3 SEDAN」です。

元画像:MAZDA

MX-30の特徴的なシグネチャーウイングとフロントグリルを、そのままMAZDA3にあてはめてみました。正直、これはこれでアリなのではないかと一瞬思ってしまいました。元々の芸術的な訴えかけてくるデザインとは異なり、非常にサッパリとした印象で「スタンダードなセダン」という感じ。

続いては「ロードスター」です。
同じ「MX」の名前を冠するモデルなのでどうなのでしょうか。

元画像:MAZDA

編集が雑なのはご愛敬。
ロードスターの動物的な躍動感はなくなりましたが、少し落ち着いたどっしりした感じがでてきたような気がします。なんとなく外車のような雰囲気。

こうしてやってみると「MX-30」のデザインって面白い。
元々はMX-30専用に考えられたデザインではありますが、将来的には他モデルへ採用される可能性もゼロではないのかもしれまえん。

その前に、まずは「MX-30」が欧州で受け入れるかですね。
その後に日本でも販売が開始され、評判が良ければきっとさらなる「魂動デザイン」の拡がりが生まれてくるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました