スポンサーリンク

マツダオーストラリア「MX-30(ロータリーエクステンダー)は絶対に採用する計画」

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの象徴「ロータリーエンジン」

マツダオーストラリアは「絶対に採用する計画」と発言していたそうです。

情報元:Official: The return of Mazda rotary! Launch date confirmed for reborn iconic engine – but it won’t power Mazda RX-9 – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらでは、マツダが間もなく発表すると言われている「ロータリーエンジン電動化技術」についての記事が掲載されていました。

書かれている内容は以下の通り。

  • マツダ丸本社長は「遅くても3月31日までに新しいモデルが少なくとも世界的に市場に投入される」とAutomotive Newsに語った
  • 生産が遅れデビューが延期される前の計画では「今年の終わり」までに発売を望んでいた
  • マツダオーストラリアのドーク氏は「絶対にMX-30(レンジエクステンダー)を採用する計画です」

マツダが投入する予定の「R-EV」や「R-HEV」についてが語られています。これらモデルは、本来年末までに発売する予定だったようですが、何らかの理由で遅れているようです。

私が聞いた話はこちら
「MX-30 e-SKYACTIV R」は12月頃に登場予定らしい

この時は確かに「12月」と聞いていましたが、なかなか計画は難航しているようですねぇ。ただ、欧州では「R-EV」の発表予定が唐突に登場しました。
MX-30 R-EVがブリュッセルモーターショーで発表されると改めて記事になっていました

上記の情報の信憑性は不明です。
ただ、それが本当ならば1月は「CX-90」と「MX-30 R-EV」の発表で忙しくなりそうですねぇ。

マツダオーストラリアも「絶対に採用する計画」と豪語しているそうですので、これは期待するしかないですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました