スポンサーリンク

2021年商品改良CX-3の「8インチセンターディスプレイ」をよく見てみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

8インチセンターディスプレイが標準搭載されたのでよくみてみます。

前回:マツダが「2021年商品改良CX-3」を正式発表、新たに「8インチセンターディスプレイ」を標準搭載でSKYACTIV-G 2.0は廃止

前回、マツダが2021年商品改良CX-3を発表しました。
そこで一番の注目はなんといっても「8インチセンターディスプレイ」ですね。マツダコネクトを追いかけてきた身としては外せません。

さっそくマツダ公式ページ内のCX-3紹介ページが更新されており、8インチセンターディスプレイを確認できる画像が掲載されていました。

画像:MAZDA CX-3|特長 – デザインやインテリア、走行性能、安全性能、機能性|マツダ

外観は特に変更されていませんが、なにやら全体的に大きくなっている様にみえますねぇ。特に縦に長くなったような感じが画像からも伝わってきます。

7インチから8インチとたった1インチと思うかもしれませんが、実物を見るとかなり印象が違います。私もCX-8などに初搭載された時は結構衝撃でした。これが標準搭載になるというのは非常に嬉しいですねぇ。

動画で見るとかなりデカい。

これだけでかなり視認性が向上します。
これは嬉しい改良ですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました