スポンサーリンク

「MAZDA 魁 KAI CONCEPT」の残り写真を現像しました(その2)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのコンセプトカー「MAZDA 魁 KAI CONCEPT」

2021年広島旅行で撮影した写真の残りの続きを掲載したいと思います。

前回:「MAZDA 魁 KAI CONCEPT」の残り写真を現像しました(その1)

前回、KAI CONCEPTの写真を掲載しました。
まだまだある中の一部を現像し終えたので、こちらに掲載したいと思います。

ヌマジ交通ミュージアムの企画展詳細はこちら
トップページ | ヌマジ交通ミュージアム

展示されていた「KAI CONCEPT」の詳細です。

2017年に初公開されたんですね。
もう4年前になると思うと、月日が流れるのは本当にはやい。車両重量が1600kgあるのは意外です。

次にフロントからの写真です。

何度見てもかっこいい。
このカッコよさは「シンプル」だからこそ引き立っているんですよねぇ。この頃の引き算の美学は本当に引き付けられました。

シグネチャーウイングの立体感が堪りません。

この造形が本当に美しい。
VISION COUPEといい、このシグネチャーウイングは個人的に最高なんですよねぇ。いつ見ても好き。

ボンネットにうつる「魁」も素敵。

この演出はとても粋ですよねぇ。
このスッキリとしたフォントが堪りません。

リアデザインは芸術の域。

クルマを見てここまで美しいと思ったことはありませんでした。そういった事を思わせてくれたマツダには感謝ですねぇ。こういうのをどうやって創り出しているのか、私には決してできないことです。

以上です。
似たような構図などもありますが、それぞれなんだかんだで気に入っています。マツダのコンセプトカーをこうして撮影できる機会は早々にありません。ただ、いつの日かRX-VISIONなども展示されないかなぁと思ったりしています。

タイトルとURLをコピーしました