スポンサーリンク

マツダが国際福祉機器展に「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle」など2台を出品予定

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

手動運転装置付き車両を「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」に出品するそうです。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「国際福祉機器展 H.C.R.2021」にMAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicleを出品|ニュースリリース

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 11月10日(水)から12日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」にマツダが2台の車両を出品
  • 出品車両は、手動運転装置付き「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」と「MAZDA ROADSTER SeDV」
  • 他にはMX-30 SeDVで採用した運転システムを体験できるドライビングシミュレータも出品

遂にマツダの「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle」が一般公開されるようです。東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展ということで、普通の自動車イベントではないというのが本格的ですねぇ。

車両自体の他に、運転シミュレータも出品されるということで、これは非常に興味深いです。普段の運転操作とどれだけ異なるのか実際に体験してみたい。

第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」は11月10日~12日まで開催予定ということで、興味ある方は行って見ると面白いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました