スポンサーリンク

MAZDA3 SEDANのディミングターンシグナル対応リアウインカーでは大きくデザインが変わる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

2021年商品改良MAZDA3のディミングターンシグナル対応「リアウインカー」をよく見てみます。

前回:2021年冬商品改良MAZDA3の「リアコンビランプ」を改良前後で比較してみる

前回、2021年商品改良MAZDA3のリアコンビランプを改良前後で比較していました。前回は図でしたが、今回は実車画像をよく見てみます。

画像:MAZDA

ブレーキランプ(C)の中心部にあった菱形構造がなくなり、純粋な〇になっています。なんとなくサッパリした印象になりました。

ちなみに改良前の実車写真はこちら。

セダンの特徴だった「横線」もなくなっていました。
光源の問題上、横に伸びる部分はダメだったみたいですねぇ。個人的にこの部分がとても好きだっただけにかなり残念です。

ただディミングターンシグナルという特殊な光り方はとても特徴的なので、これはこれでありなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました