スポンサーリンク

2021年商品改良「CX-3 Super Edgy」を見学してきました(マツダブランドスペース大阪)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

マツダブランドスペース大阪で展示されていたので見学してきました。

前回:2021年冬商品改良「CX-5」を見学してきました(マツダブランドスペース大阪)

前回、マツダブランドスペース大阪に展示されている「2021年冬商品改良CX-5」を見学してきました。それと同時展示されている「CX-3 Super Edgy」も見学してきたので、写真を掲載してみたいと思います。

2021年商品改良にて登場した特別仕様車「Super Edgy」
MX-30に続くトーンカラーを採用しており、展示車は「プラチナクォーツメタリック×ジェットブラック」の組み合わせになっていました。

ルーフ部分がブラック化されているんですが、非常にお洒落。今までも女性に人気を集めていたモデルですが、これでさらに若い女性の人気を集めるかもしれませんねぇ。

サイドのフェンダー部分も「光沢仕様」になっているんですが、この部分の肉厚さがとてもエキゾチックでした。

元々こんなに肉厚だったのか?と思う程にもっこりしています。これが光沢仕様と相まって不思議と今までのデザインと雰囲気が違う感じになっていました。お洒落に振り切っていながらも「SUVらしさ」を忘れていないといった感じですねぇ。

この2トーンカラーなんですが、外装だけではなく、普段目に見えない部分もしっかりと塗装されているのが感動しました。

ドアやラゲッジゲートを開いた瞬間に「あぉ」と思ってしまうほど、しっかりと塗装がされています。ここまで拘っていると感激してしまいますねぇ。さすがマツダです。

ちなみに、展示車の車台番号は1番でした。

こちらもCX-5と同じで開発車両だそうです。
こういった車両は普段目にすることができませんので、地味にレアな体験をさせてくれます。

リアの欄プライなどは変更されていません。

ただ、私自身はあまりCX-3を撮影したことがありませんでした。以前、一度関東マツダの旗艦店で見かけた程度でモーターショーなどでは一度もあったことないんですよねぇ。こうしてじっくり写真を撮影できるのは貴重です。

内装には「赤銅色(カッパー)」がアクセントにあしらわれています。

これがまたオシャレ。
余談ですが、赤銅の読みは「しゃくどう」なんですね。ずっと「せきどう」と呼んでいました。

今回の改良で地味に大きな変化を遂げているのが「シートデザイン」です。

今までは基本的には「全体色が1種類、アクセント色が1種類」という感じでしたが、今回から、シート背面がホワイトになっていたりとかなりお洒落しようとなっています。これがリアシートに座ってみたりすると社内の雰囲気が明るい感じするんですよねぇ。

そして、今回の改良1番の目玉は「8インチセンターディスプレイ」です。

ついにCX-3にも搭載されました。
コンパクトモデルにどうなのか、と大変気になっていましたが、意外としっくり来てました。

8インチの視認性は7インチと比べると劇的に変わっています。パッと目線を向けるだけで地図の文字などもすぐに視認することができますので、これは8インチ必須レベルだと思いました。これがMAZDA2にも搭載されたので、後付けでもいいから7インチを換装させてほしいところですねぇ。

ちなみにバージョンは「74.00.210」です。

またまた新たなバージョンが登場したので、後程バージョン一覧表に付け加えておきたいと思います。

8インチセンターディスプレイの形状ですが、非常に直線的なデザイン。

7インチなどは曲線を描くデザインでしたが、こちらはほぼ直線で角だけ丸められているデザインとなっていました。個人的にこちらの方が好みですねぇ。MAZDA6やCX-8などに採用された8インチセンターディスプレイとはデザインが異なっており、MAZDA2/CX-3専用となっているのが良いですねぇ。

写真撮影をした後は、ブランドスペースの方々としばらくおしゃべりをさせて頂きました。最近よく言っているので顔を覚えてくださっているので、とても嬉しかったです。とてもフレンドリーに話してくれるのでいつ来ても素晴らしい空間だなぁと思いました。いつも親切にしてくれて本当に感謝。

そういえば、新幹線で富士山を見ることが出来ました。

以上です。
なんだかんだの勢いで現像出来ました。
ただ、説明に必要なほんの一部だけ写真を現像しただけなので、後日ゆっくりと写真を現像して記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました