スポンサーリンク

マツダUSAのモデルラインナップ一覧に「CX-50」「CX-70」「CX-90」などを加えてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダは既に複数の新モデルSUVを投入することを発表しています。

アメリカでの車両ラインナップにそれらを当てはめてみました。

情報元:Mazda USA Official Site | Cars, SUVs & Crossovers | Mazda USA

情報元は、マツダUSAです。
こちらの「モデルラインナップ」は、現時点では2021年モデルが掲載されているんですが、それらを将来のモデルである「CX-50」や「CX-70」などが投入される場合どうなっていくのかを勝手にイメージしてみました。

編集前元画像:MAZDA USA

USAでは既に「CX-3」が削除されていました。
なので、一番コンパクトなSUVは「CX-30」となり、CX-5やCX-9の現行モデルと北米専用モデル「CX-50」が新たに加わることになります。これにより、平均サイズがかなり上昇したことになりそうですねぇ。さらに「CX-70」や「CX-90」が加わることでSUVラインナップがものすごいことになります。「CX-70」などはラージ群ということでFR車というすみ分けが出来ますが、サイズ的にはどうなっていくんでしょうかねぇ。

対して、MAZDA6は2022年モデルは廃止と発表されているので、普通車のラインナップが「MAZDA3」だけになってしまいます。現時点でマツダはSUV拡充計画のみしか発表していませんが、MAZDA6の後継車種はどうなっているんでしょうかねぇ。

そしてスポーツカーは「MX-5」のみ。
マツダは将来的にスポーツカーを増やしたいと思っているみたいですが、これにはラージ群での成功が必須となってきそうです。2030年までに車種を増やすことができるのか、マツダの存続にも関わりそうなので期待したいですねぇ。

以上です。
ここ数年でモデルラインナップが大きく変わりました。ほとんどSUVになっていきましたが、これからもSUV人気は続くのかが気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました