スポンサーリンク

海外版「MAZDA STORIES」にて、「2020 MX-5」の改良内容を掲載。

マツダ関連

マツダを代表するオープンカー「MX-5(日本名:ロードスター)」
「2020 MX-5」の改良内容が、マツダのデジタルマガジンにて掲載されています。

情報元:Mazda MX-5 Miata updated for 2020 – Mazda Stories, US, Winter 2019

情報元は、マツダのデジタルマガジン「MAZDA STORIES」です。
こちらに2020年モデルのMX-5についてが掲載されていました。

画像引用元:Mazda MX-5 Miata updated for 2020 – Mazda Stories, US, Winter 2019

内容は以下の通り。

  • 赤内装の追加
  • パーフォレーション(穴あけ加工)レザーシート
  • 全てのステッチが「グレー」に変更
  • Apple CarPlay /  AndroidAuto標準対応
  • 新世代デザインのキー
  • 外装色「ポリメタルグレーメタリック」の追加
  • ステンレススカッフプレート追加

掲載されている内容を見る限り、日本国内向け2019年商品改良モデルと同等の改良がほどこされているようですね。
写真も公開されていました。

画像引用元:Mazda MX-5 Miata updated for 2020 – Mazda Stories, US, Winter 2019

右ハンドル仕様の写真が採用されているのは珍しいですね。
なので、個人的に気になっていた北米仕様などで特有の「リアカメラ」を確認することが出来ませんでした。おそらくは、2019年モデルと同じだと思います。

世界各国でチラホラとMX-5の商品改良が公開されていきます。
日本は随分と早かったんですねぇ。
あれはむしろ、東京モーターショー2019に公開するために頑張ったのかもしれません。
それと、こうしてデジタルマガジンでの年次改良モデル発表は珍しいですね。

タイトルとURLをコピーしました