スポンサーリンク

CX-50を「2トーン」にしつつ「シグネチャーウイングをシルバー」にしてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの北米向け新世代SUV「CX-50」

個人的に色々と想像をしてみます。

前回:「CX-50」の色々なボディカラーを試してみる

前回、CX-50のボディカラーを色々と試してみました。
ワイルドなデザインになったことによって、幅広い色合いが似合うようになって新たな可能性を見出すことが出来ました。

そこで今回は「2トーン」にしつつ「シグネチャーウイングをシルバー」にしてみたいと思います。

編集前元画像:MAZDA

適用なのはご愛敬。
アウトドア特化型デザインになったことで「2トーン」は勿論よく似合いますねぇ。ジルコンサンドとの組み合わせもかなりいいのではないでしょうか。日本仕様のCX-3にも2トーンが採用されたことですし、CX-50でも採用される可能性はかなり高そうですねぇ。

シグネチャーウイングもシルバー化してみました。
今までの宣材写真は全て「ブラックシグネチャーウイング」でしたので、こうしてちょっとマット感じのシルバーにするとなかなかいい感じだと思っています。高輝度なシグネチャーウイングも良いですが、ちょっとマットな感じも登場すると面白そうですよねぇ。

以上です。
まだまだ謎が多いCX-50ですが、今この分からない時期に色々と妄想するのが一番楽しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました