スポンサーリンク

マツダが「フレアワゴン」の一部商品改良を実施、外内装の変更と車線逸脱抑制機能を採用

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が「フレアワゴン」の一部商品改良を正式発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「フレアワゴン」を一部商品改良|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 12月24日から発売開始
  • 外観の変更はHYBRID XG/XS、カスタムスタイル全車のフロントグリル意匠を変更し、タフスタイル全車のアルミホイール意匠を変更
  • またボディーカラーは、新たにライトブロンズパールメタリックおよび2トーン(ホワイトルーフ)、インディゴブルーメタリック2を追加
  • 内装の変更は、カスタムスタイル全車、タフスタイル全車のインパネカラーパネルやシート等のアクセント色を変更など
  • 運転支援機能は、カスタムスタイル全車、タフスタイル全車に車線逸脱抑制機能を採用
  • 価格帯:1,394,800円~2,125,200円

スズキからのOEMである「フレアワゴン」が一部商品改良されました。今回は「一部」ということで大きな変更はないですが、車線逸脱抑制機能などが採用されたのは良いですねぇ。

以前、販売店がひっそりと予告していた商品改良が正式発表されました。
マツダ「キャロル」「フレアワゴン」もモデルチェンジ予定、現行モデルは生産終了の見通し

今回は「フレアワゴン」のみということで「キャロル」も発表が後程あるのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました