スポンサーリンク

マツダが欧州で2022年に投入予定の9種類のエンジンについて考える

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

2022年はマツダの勝負の年です。

欧州で投入する予定の「9種類のエンジン」について予想してみます。

前回:ポーランドでは「CX-30」が最も人気があり、最も人気がなかったのは「MAZDA2」

前回、ポーランドで行われたクリスマスミーティングで「2022年にマツダは9種類のエンジンを投入する」と書いてありました。CX-60の発表もすぐそこなので、まだ予想できるうちに勝手に予想しておきたいと思います。

クラシックガソリンエンジン SKYACTIV-G
SKYACTIV-X e-SKYACTIV X, e-SKYACTIV X(直6)
ソフトハイブリッド e-SKYACTIV G(24V)
2種類のディーゼルエンジン SKYACTIV-D, e-SKYACTIV D(直6)
プラグインハイブリッド e-SKYACTIV G 2.5 PHEV
電気駆動 e-SKYACTIV(MX-30)
レンジエクステンダー e-SKYACTIV REV

※赤字が新規投入

こんな感じになるのでしょうか?
2022年で注目なのが「e-SKYACTIV D (直6)」ですね。マツダはディーゼルエンジンにこだわっていますので、欧州でどれだけ人気を再燃できるのかが非常に気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました