スポンサーリンク

ポーランドでCX-60の受注が既に「200台」を超えているようです

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」

ポーランドでは既に「200台以上」の受注があったそうです。

情報元:Mazda | Auto Katalog

情報元は「AUTO KATALOG」です。
こちらでは、ポーランド仕様のCX-60についての情報がまとめられています。

その最後に「2022年3月31日更新」と書かれており、以下の文章が追加されていました。

Jak poinformowało nas biuro prasowe Mazdy, na chwilę obecną importer zebrał już ponad 200 zamówień na CX-60.

[機械訳]
マツダのプレスルームによると、現在、インポーターはすでに200台以上のCX-60の受注を集めているとのことです。

引用元:Mazda | Auto Katalog

CX-60は既に200台以上の受注を獲得しているそうです。ラージ群でありつつ、さらには「PHEV」モデルでかなり高価な車両なんですけど、これは中々にすごいことですねぇ。

それだけマツダに求めるものが「プレミアム」だったいうのが裏付けされているのかもしれません。

日本でもまもなく発表されます。
これはかなり人気が出て、爆売れする可能性がありそうですねぇ。そうなれば、マツダの利益率はグッと上がって基盤が安定するはずなので、念願の「RX」が復活する可能性も出てきそうで楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました