スポンサーリンク

マツダUSAが2022年3月の販売実績を発表、CX-50が追加される

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダUSAが2022年3月の販売実績を発表しました。

情報元:Mazda Reports March Sales Results | Inside Mazda

情報元は、マツダUSAのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 3月の販売台数は33,023台
  • 2021年3月と比較して3.2%増
  • 同期比では1.2%減
  • DSRベースで0.6%減
  • CPO販売台数は4,660台で前年同月比で41%減
  • CX-5が21,645台で3月では史上最高
  • CX-9が4,148台で3月で史上最高
  • カナダは5,810台、15.7%減
  • 年初からの販売台数は14.1%減で12,919台
  • メキシコは3,878台、17.8%減
  • 年初からの販売台数は10.8%減で11,359台

画像引用元:MAZDA USA

2022年3月の実績が公開されました。
前年同月比で3.2%の増加となっていますが、同期比では1.2%減少という結果となりました。モデル別で見ると黒字になっているのは「MAZDA3 HB」「CX-5」「CX-9」となっています。特にCX-5の販売台数が圧倒的となっており、CX-5の人気が伺えますねぇ。

CX-9も凄いですね。
北米では大型モデルが人気みたいですので、マツダとしても早い段階で「CX-90」を投入したいのかもしれません。

それと「CX-50」が追加されています。
3月では56台販売されているそうですが、これは早期予約分なのでしょうか。

カナダとメキシコが減少となっています。
ただ、これから「CX-50」が販売開始されますので、今後どのような影響が出るのか興味深いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました