スポンサーリンク

マツダが国内仕様「CX-60」を正式発表、発売は今年初秋を予定

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」

日本国内仕様が正式発表されました。

情報元:MAZDA NEWSROOM新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • CX-60の日本仕様を本日正式発表
  • 発売は「2022年初秋頃」を予定
  • 搭載エンジンは「e-SKYACTIV PHEV」「e-SKYACTIV D 3.3(48V)」「SKYACTIVーD 3.3」「SKYACTIV-G 2.5」の4種類
  • 全て「8AT」
  • ドライバー異常時対応システム(DEA)を初採用
  • ドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用
  • プレミアムブランドに対する選択肢として「上質」を求められるお客様にお薦めできる一台
全長 4,740 mm
全幅 1,890 mm
全高 1,685 mm
ホイールベース 2,870 mm
トレッド(前/後) 1,640 mm/1,645 mm
最低地上高(空車時)20インチ 180mm

■CX-60に関する情報サイト:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-60/teaser/

遂に日本仕様が発表されました。
こちらでは価格などは掲載されておらず、搭載エンジンと発売時期についてのみが発表されました。

搭載エンジンには「SKYACTIV-G 2.5」が採用されており、こちらは欧州などではあっ票されなかった世界初の情報となりますねぇ。また、ディーゼルエンジンが2種類用意されているのも特徴的でした。M HYBRID BOOST(48V)搭載エンジンと「SKYACTIV-D 3.3」の両方が出てくるのが意外でしたねぇ。

他にも「ドライバ^異常時対応システム(DEA)」を初採用ということで、これが「MAZDA Co-Pilot 1.0」に準ずるものとなりそうです。

今夜にはスペシャルイベントも開催するということで、ワクワクしてきました。

タイトルとURLをコピーしました