スポンサーリンク

「CX-60 SKYACTIV-D 3.3 プロトタイプ」をよくみてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」

先行試乗会で登場した「SKYACTIV-D 3.3」搭載のプロトタイプをよく見てみます。

情報元はYoutubeです。
こちらでは、CX-60 SKYACTIV-D 3.3搭載のプロトタイプを映している動画が公開されていました。

プロトタイプということで偽装が装備されていますが、色々と映してくれています。偽装マフラーについてもPHEVとディーゼルエンジンは同じのようですね。

画像引用元:【マツダCX-60】擬装車だけど内外装チェックしてみた【藤トモCHECK】 – YouTube

下向きになっており、右側に2本出ているそうです。
ディーゼルエンジンでは従来デザインと同じかと思いましたが、意外でした。

さらに「スピードメーター」に関しても確認できます。

画像引用元:【マツダCX-60】擬装車だけど内外装チェックしてみた【藤トモCHECK】 – YouTube

MAZDA3などと同じです。
これに関してもかなり意外でした。これが量産モデルでも採用されているのか、それともプロトタイプだからなのかがきになります。内装デザインも偽装していることを考えると、まだまだ謎が多そうな感じがします。それとファブリックシートも意外と豪華そう。

さらにエンジンルームも確認できました。

画像引用元:【マツダCX-60】擬装車だけど内外装チェックしてみた【藤トモCHECK】 – YouTube

プロトタイプのエンジンカバーなので、実際のデザインとは異なる可能性が高そうですが、それでも直6をアピールしているようなデザインとなっていますねぇ。それにしてもデカい。

以上です。
先行試乗でディーゼルエンジンが登場したのは意外でした。これからどんな情報が出てくるのか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました