HDD→SDD換装を体験(キングストン SSD 240GB 2.5インチ)

スポンサードリンク

時代はSSD
今回はパソコンの記憶媒体をHDDからSSDに換装したお話です。

2019年初め、今まで使用していたデスクトップパソコン(BTO)が動かなくなりました。
原因は「HDDが読み込まない」と「謎の起動しない現象」が起こっていることでした。
これがきっかけで「Surface Pro 6」を購入したんですが、デスクトップPCで使用していたファイルがどうしても必要になってしまいました。
僅かな希望を胸にデスクトップの電源を入れてみると、まさかの起動。
あれだけうんともすんとも言わなかったのに驚きです。
急いで、必要なファイルを救出しました。
それとせっかく起動するようになったPC、勿体ないのでHDDをSSDに換装して純写真編集用のパソコンにしたいと思います。
購入したのはこちら

『キングストン テクノロジー SSD 240GB 2.5インチ SATA3 TLC NAND採用 A400』

価格は3,580円(税込)でした。
最近のSSDはこんなにもお手軽価格で購入できることに驚きました。
記憶容量は240GBと少ないですが、起動用ディスクとして使用するので問題ありません。
このキングストン製SSD、Amazonで購入できます。
久しぶりにAmazonを使用したんですが、配送時間はヨドバシカメラに慣れてしまっていたこともあり、非常に待った印象があります。
1週間弱は待ったと思います。
やっぱりヨドバシは最高です。
さて、SSDについてです。

大きさは2.5インチなので、とっても小さいです。
そして、なにより驚くほど軽い。
こんな軽くていいのかぐらい軽いんですねぇ。
時代の進歩って凄い。
さっそくデスクトップPCに繋いでセットアップです。
PCのOSは、元々windows7でした。
無償アップデートを経て、windows10になりました。
どうやってクリーンインストールをするのかな?と思っていたんですが。今はMicrosoftの公式ページで公開されている専用ソフトでUSBメモリなどに「インストールディスク」を作成、それを差し込んでプロダクトIDを入力すればいいんですね。
とっても簡単でした。
本当に便利な世の中になりましたねぇ。
サクッとOSの再インストールは終了。
デスクトップPCは生まれ変わったかの如く、爆速になりました。
SSDとHDDの差がこんなにもあるとは…。
もうHDDには戻れません。
メインPCとして使用しても良いかなと思いましたが、正直このキングストン製の信頼性が個人的にはまだ未知数なので、エンコードなどの作業用PCとしてしばらくは使用していきたいと思います。
PCが急に復活することももあるんですねぇ。
ただ、このPCは4Kに対応していません。
4Kも一度味わうとフルHDには戻れません。
こうなってくると、グラフィックボードなどが欲しくなってきます。
どんどんとPC自作熱が再燃してきます。
時間もお金もありませんが、少しずつやりたいことをやっていきたいと思います。

シェアする

Instagramなどのアカウント

スポンサードリンク