スポンサーリンク

北米で「MX-30 PHEV」を投入することは確定、詳細は後日公開予定

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

北米でもPHEVモデルの詳細が発表されるそうです。

情報元:Mazda MX-30 PHEV With Rotary Engine To Debut By March 2023: Report

情報元は「Motor1.com」です。
こちらでは、ロータリーエンジンを発電用モーターとして使用した「MX-30 PHEV」についてが書かれているんですが、その中で情報元に対してマツダがこのモデルについて語っていました。

“While we cannot comment on future product or products in other markets, we can confirm the MX-30 PHEV is coming to the US. market,” Mazda said in a statement shared with Motor1.com. “More details and information on that will be available at a later date.”

[機械訳]
“将来の製品や他の市場での製品についてコメントすることはできませんが、MX-30 PHEVが米国市場に登場することは確認できます “と、マツダはMotor1.comと共有する声明の中で述べています。”その詳細や情報については、後日公開します。”

引用元:Mazda MX-30 PHEV With Rotary Engine To Debut By March 2023: Report

どうやら北米でも「MX-30 PHEV」が登場することは間違いないようです。詳細については後日発表予定ということですが、これはワクワクしますねぇ。

ただ、アメリカでは「MX-30 PHEV」が一度消えていました。
マツダUSA公式ページから「MX-30 PHEV」の姿が消える(2021年12月22日現在)

それに伴い、日本やオーストラリアでも「2022年前半→2022年後半」と投入時期がずれ込んでいました。どうやら開発が難航していたみたいですが、これでやっと北米でも間違いなく投入されることがわかりました。

ロータリーエンジンの復活が近づいてきました。
駆動用ではありませんが、完全復活への第一歩と考えると胸が熱くなりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました