スポンサーリンク

2020年商品改良「MAZDA3」に搭載されそうな最新機能を予想する。

マツダ関連

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」
2019年に日本国内でも発売が開始されました。
今回は少し早いですが、2020年商品改良モデルについてです。

2019年、マツダの新世代モデルが登場しました。
全てにおいて進化しており、私も衝撃を受けました。
ただ、マツダの商品改良のスピードはものすごく速いんです。
新登場したMAZDA3も例外ではありません。
なので、2020年商品改良に搭載されそうな最新機能を予想してみます。

ディミングターンシグナル

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」に採用されたウインカーの発光方法です。
まるで鼓動しているかのような生命感溢れる面白い機能ですね。
今後、マツダ車のスタンダードとして設定してきそうな気もします。
MX-30にも搭載されていましたし。
マツダ新型EV「MX-30」のこぼれ話(ウインカー点灯など)【東京モーターショー2019】
もし実装されたら標準装備になりそうなのが、嬉しいところ。

後部座席エアコン風吹き出し口

センターコンソール後ろに備え付けられているエアコン風吹き出し口です。
これは、CX-30には装備されているので、MAZDA3にもついでに欲しいかもしれません。
ただ、マツダはこれらに関して以前から頑なに装備しない経緯があるので、可能性は低いのかもしれません。

交差点対応スマートブレーキサポート(SBS)

「MX-30」に初搭載される予定である、SBSの新しい追加機能です。
交差点で前方検知カメラとミリ波レーダーを使用して対向車の動きを監視、低速環境下で衝突の可能性があるとシステムが判断した場合、自動的にブレーキが作動します。
MAZDA3では「自転車検知」が可能になったので、こういった細かい対応を素早く行っていくのではないでしょうか。
これはCX-30の商品改良でも追加されそうですねぇ。

ブラインド・スポット・アシスト

こちらも「MX-30」に初搭載されたi-ACTIVSENSEの機能の一つです。
MX-30の「e-GVC Plus」と進化した「i-ACTIVSENSE」について
60km/h以上で走行中、車両の前後をレーダーで監視。
後方から車両が接近してきた際に、ドライバーが車線変更しようとステアリング操作する動作をアシストしてくれるという機能です。
こちらもSBS(交差点対応)と同じく、セットで搭載されそうな気がします。

ロード・キープ・アシスト

こちらも「MX-30」に初搭載されたi-ACTIVSENSEの機能の一つです。
MX-30の「e-GVC Plus」と進化した「i-ACTIVSENSE」について
40km/h以上で走行中、前方検知カメラでラインがない道路でも草や縁石などを監視して、ステアリングをアシストしてくれる機能です。
こちらもSBS(交差点対応)と同じく、セットで搭載されそうな気がします。

 

以上です。
外装や内装の大きな変更はなさそうな気がします。
なので、機能拡充がメインになりそうな感じなのかもしれません。
「オフロード・トラクション・アシスト」に関しては、SUVのみな感じが否めないので今回はスルーしました。
当たるも八卦当たらぬも八卦なので、正式発表を楽しみにしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました