スポンサーリンク

マツダの国内向けモデルの販売台数を調べてみる(2022年7月編)

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

日本自動車販売協会連合会が2022年7月の乗用車販売台数ランキングを発表しました。

情報元:乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

情報元は、日本自動車販売協会連合会です。
こちらには、乗用車ブランド通称名別順位が掲載されており、2022年7月の販売台数が載っていました。

2022年7月
CX-3 861
CX-30 2,370
CX-5 2,265
CX-8 966
MX-30
MAZDA2 2802
MAZDA3 1538
ROADSTER 932
2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月 2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月 2022年5月 2022年6月 2022年7月
CX-3 1,186 776 776 1,006 1,722 495 495 689 566 1487 925 772 1117 417 1121 861
CX-30 2,905 1,812 1,812 1,186 2,584 2,017 3,895 923 866 1,376 1,218 760 1632 715 1393 1976 1,725 2,131 2,133 487 1,415 2,370
CX-5 2,606 1,834 1,834 2,234 2,037 2,589 4,845 983 830 1,176 1,479 1228 1536 2163 3261 2,235 3,596 5,339 1,563 812 1,937 2,265
CX-8 1,838 1,097 1,097 1,249 1,304 2,561 4,073 1,203 1,055 767 1,031 771 476 1217 1206 932 848 2889 2222 485 653 966
MX-30 648 865 696 833 617
MAZDA2 3354 2160 2158 1769 1948 2676 4457 1427 1344 898 2124 2567 1024 1239 2617 2331 1823 3062 2979 1126 837 1930 2802
MAZDA3 2279 1380 1379 1051 1773 1719 3122 535 967 1121 1264 890 1599 668 1079 1624 1188 1859 2854 532 341 849 1538
ROADSTER 699 592 541 699 1122 1120 1104 450 735 932

7月の販売実績が発表されました。
ほとんどのモデルが上昇しています。特に「MAZDA2」がかなり伸びている印象を受けますねぇ。マツダの主力モデル「CX-30」よりも販売台数が上ということで、まだまだコンパクトモデルの需要は国内ではありそうですね。

また「ロードスター」が急上昇しています。
CX-3よりも台数が上になっており、特殊な車両でありながらもコンパクトSUVよりも人気を博しているのがマツダらしい。

以上です。
日本市場は巻き返しができています。
逆に海外が心配ですが、CX-60やCX-50効果でどのようになるのか期待したいですねぇ。

前回はこちら
マツダの国内向けSUVの販売台数を調べてみる(2022年6月編)

タイトルとURLをコピーしました