スポンサーリンク

メキシコで「SKYACTIV-G 2.5T」の採用車種拡大を予定

マツダ関連

マツダのターボチャージャー付エンジン「SKYACTIV-G 2.5T」
そのエンジンの採用車種を拡大する計画があるそうです。

情報元:Mazda podría montar su motor turbo en dos nuevos modelos en 2020

情報元は「autologia」です。
こちらによると、マツダメキシコの社長Miguel Barbeyto氏がインタビューにおいて、メキシコ市場での「SKYACTIV-G 2.5T投入」についてを語っています。

2016年、CX-9に搭載されて以来、MAZDA6やCX-5/CX-8に搭載された「SKYACTIV-G 2.5T」ですが、「2020年に搭載するモデルを拡張する」と発表したと掲載しています。

また記事内では、搭載モデルについての予想をしています。
MX-5を除く、MAZDA2/CX-3よりも大きい「MAZDA3/CX-30」が一番理にかなっていると書かれていました。

個人的な考えですが、マツダは「SKYACTIV-G 2.5T」を「SKYACTIV-X」の代わりのような扱いをしているような気がしています。第6世代にSKYACTIV-Xを載せることはできませんし、北米では「SKYACTIV-X」の投入はまだまだ先という流れのようですので、記事の言う通り、「MAZDA3/CX-30」に搭載されるのが自然なのかもしれません。

また、記事の最後に「100周年記念特別版」についても語っており、「記念バージョンは期待できる」とMiguel Barbeyto氏と発言したそうです。
これは、とても楽しみですねぇ。
日本でも登場するのかが気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました