スポンサーリンク

「MAZDA3 SEDAN」のシグネチャーウイングを黒くしてみる。

マツダ関連

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」
今回は、シグネチャーウイングについてです。

前回:MAZDA3(SKYACTIV-X搭載)を試乗させて頂きました。

前回、MAZDA3(SKYACTIV-X)に試乗させてもらいました。
新世代に相応しい上質なエンジンで楽しかったです。
SKYACTIV-X搭載モデル専用装備もカッコいいですよね。
そこで気になったんですが、SKYACTIV-X搭載「MAZDA3 SEDAN」のシグネチャーウイングを黒くして見たらどうなるか、です。

試しに私が撮影した「MAZDA3 SEDAN」の写真で試してみました。

一枚目の写真は、反転した写真をくっつけたものになります。
これはこれで意外と良いかもしれませんねぇ。
控えめながらもセダンの上質さが増すような気がして、これはこれでアリなような気がします。ただ、こうなってくると「フロントバンパーロアベゼルクロームメッキ」も黒くして見た良くなってきますが、そこまでやってしまうとベゼルを装着する意味があまりないような気がしますね。

一応、黒くしてみました。

シグネチャーウイングの色が違うのは、セダンとファストバックでの差を明確にするための手段の一つだと思われますが、個人的にはいつかセダンモデルでも「黒」が登場してほしいなぁなんて夢をみています。
特別仕様車で「BLACK EDTION」なんてので登場したら面白そうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました