スポンサーリンク

北米では、MAZDA3 / CX-30に「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される?

マツダ関連

マツダの新世代商品「MAZDA3」と「CX-30」
北米では何やら「SKYACTIV-G 2.5T」に関する話題が活発化してきているようです。

情報元:Some potentially great news to ring in the new decade! Praying this is true!! : mazda

情報元は、海外フォーラム「reddit」です。
こちらのスレッドにMAZDA3とCX-30に「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載されるのではないか?という内容が書かれた雑誌の画像が掲載されています。
書かれている内容は以下の通り。

  • MAZDA3のパワートレインは不足している
  • そのため、COTYの最終選考に選ばれなかった
  • その結果、MAZDA3とCX-30に「SKYACTIV-G 2.5T(AWD)」をオプションとして追加
  • 推定 250hp, 320lb-ft のトルクを提供
  • 残念ながら「AT」のみ
  • 北米の「SKYACTIV-X」はNOx排出量で苦労している

かなり適当に翻訳した結果なので、あしからず。
また、この情報元の信憑性はほぼ皆無です。
ただ、先日、マツダメキシコの社長も「2020年にターボモデルを追加する」と述べていたので、非常にタイムリーな話題として取り上げました。
メキシコで「SKYACTIV-G 2.5T」の採用車種拡大を予定

この話が本当なら、ついにスモール群にも「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載されますねぇ。これは面白くなってきました。
ただ、日本では「SKYACTIV-X」があるので、現実的ではないですが、100周年記念の特別仕様車として登場したら大興奮かもしれません。

なんにせよ、本当のことはわかりません。
今後のマツダの発表を楽しみにしてましょう。

タイトルとURLをコピーしました