スポンサーリンク

「MAZDA CX-60 XD Exclusive Mode」を見学してきました【外装編】

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品第1弾「CX-60」

実車を見学してきました。

前回:「CX-60」がマツダブランドスペース大阪で展示開始されました

前回、マツダブランドスペース大阪にて「CX-60」が展示されていることを知りました。こうなったら見に行くしかありません。ということで、さっそく見に行ってきました。

展示されている車両は「XD Exclusive Mode(マシーングレープレミアムメタリック)」となっています。欧州などでみる上位グレードデザインが展示されていないのが意外ですねぇ。

この車両は開発車両となっており、実際の量販車と異なる部分があるそうなので、実際の仕様通りでないことをご注意ください。

前評判で「実物は大きく見える」というのを聞いていましたが、私的にはそこまで大きく感じず。むしろ「CX-8」と同じくらいでデザインのドスンとした印象を意外とコンパクトにまとめたなぁと感じました。

ヘッドライトとシグネチャーウイングも「ラージ群」仕様になっています。

シグネチャーウイングに「ウインカー」が埋め込まれるデザインとなっています。写真で見た時は「ちょっと太すぎ?」と思いましたが、実物はかなりスタイリッシュな感じがしました。たぶんですけど、シグネチャーウイングの上にある隙間がシグネチャーウイングの一部に見えてしまうので太く感じるだけで、実際は綺麗にシュッとした雰囲気になっています。

ウインカーはもちろんディミングターンシグナル。

フロントグリルは「縦フィン」デザインとなっており、内部が良く見えました。

CX-60にはフロントグリルが複数デザインが存在しますが、個人的にはこのデザインが一番「高級感」があって好きです。海外の高級車っぽいですよね。

サイドからみると「フロント」の長さが際立っています。

ボンネットが長く、ヘッドライトなどがある部分はとても「ショート」になっているのが特徴的。これが直6FRの特徴ですねぇ。発表当初は違和感ありましたけど、最近はやっと見慣れてきました。今回展示されている下位グレードデザインの場合、サイドから見た時のシンプルさが個人的に好物です。

長くなった部分に「サイドバッジ」が存在します。
本来、ここには「INLINE 6」と書かれたバッジが装備されているはずですが、この展示車両には装備されていませんでした。

ボンネットを開けて頂きました。

こちらは「SKYACTIV-D 3.3」です。
見た感じはとにかくデカい。
フロント部分が長くなったのも納得するほどの大きさです。この大きさからか、ボンネットを開けるとフタ部分が手の届かない高さまで達してしまいます。背の低い人はボンネットを閉める時に苦労するかもしれません。

サイドの造形は素晴らしかったです。

とても艶やかな曲線が描かれています。
ぱっと見直線が描かれているんですけど、歩いて移動するごとに「光の移ろい」を楽しむことができるのが素晴らしい。ここはとてもマツダらしさを感じました。

リアのデザインも新世代商品らしく美しい。

CX-30のような美しい曲線を描いています。
また、リアコンビランプもとてもワイドで威風堂々感がありました。

よく見ると、とても造りこまれています。
サイドから見ると細かい線があったりと、とてもかっこいい。

噂の「ダミーマフラー」も見てきました。

ダミーマフラーの穴は塞がれており、下から覗くと下を向いたマフラーを確認することが出来ます。マツダは「搭載エンジンでマフラーのサイズが異なるから」という理由でこのような構造にしたそうですね。こればかりは仕方ありませんが、まだ「e-SKYACTIV X 3.0」には本物の排気口が顔をのぞかせてくれることを期待しています。

リアバッジにはこんな感じです。

意外にも「SKYACTIV-D」はスモール群と同じになっています。せっかく直6 3.3Lディーゼルエンジンなので、ここはちょっと区別があったらとおもったり。

最後に「マシーングレー」です。

新色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」ではなく、マシーングレーが展示されているのが意外でした。ただ、流石ラージ群とマシーングレーの相性は抜群だと思います。この渋い感じがとてもよく似合いますねぇ。

以上です。
ざっと外装を見てみました。
思った以上に大きさを感じませんでした。ただ、CX-5よりは間違いなく大きいので、個々の環境によっては取り扱いが難しいのかもしれません。デザインに関しては、実物はとてもスタイリッシュで締まっている印象でした。どうして写真で見るとのっぺりしている様に見えるんでしょうかねぇ。不思議です。

次回は「内装編」です。

「MAZDA CX-60 XD Exclusive Mode」を見学してきました【内装編】

タイトルとURLをコピーしました