スポンサーリンク

マツダUSAが「2023 CX-30」を正式発表、燃費向上やリアサイドエアバッグなどを追加

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

アメリカで2023年モデルが正式発表されました。

情報元:2023 Mazda CX-30: Pricing and Packaging – Oct 18, 2022 | Mazda USA News

情報元は、マツダUSAのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • SKYACTIV-G 2.5が「5馬力の増加」と「燃費向上(1ガロン当たり2マイルの増加)」
  • 気筒休止技術も更新された
  • 機能強化の内容は、リアサイドエアバッグの追加、リアシートベルトプリテンショナー、B ピラーとCピラーの改良、フロントとリアのドアトリムへのシンパッド

ついに2023年モデルのCX-30が発表されました。
主な商品改良の内容は「エンジン性能向上」と「安全性能の向上」が主なようですね。外装や内装のデザイン変更などには触れられておらず、プレス画像でも特に変化を感じることはありません。

BピラーやCピラーの改良に関しては、MAZDA3で行われていました。
2023 MAZDA3では「Bピラーの材質変更」「Cピラーの形状変更」などが変更されていた

大きな変化はありませんが、安全性能が向上しているのは安心できますねぇ。それに「2023 CX-5」のこともありますし、北米ではあまり変化がなくとも、他の地域では商品改良の内容が異なる場合もありますので期待したいところです。

日本でのCX-30の商品改良の噂話はこちら
CX-30にデザイン等一部変更される商品改良が実施される?

タイトルとURLをコピーしました