スポンサーリンク

2020年半ばに「CX-3」の”世代交代”が行われる。

マツダ関連

マツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」
ついに、2020年に世代交代が行われるようです。

情報元:Erfolgsjahr für Mazda in Österreich – Mazda Austria Newsroom

情報元は「マツダオーストリア」です。
こちらには、オーストリア市場での売り上げについてが語られています。

  • 2019年には11,060台の新規登録、昨年から3%の売り上げ増
  • 9年間で最高の売上
  • 「CX-3」「CX-5」、そして「MAZDA2」が売上に貢献
  • 12月だけで6.4%の記録的な市場シェアを達成

欧州が好調だというのがよくわかりますね。
オーストリアでも「CX-3」が人気のようです。
素晴らしいことですねぇ。

さて、最も気になる内容が下に書かれています。

2020 bringt Veränderungen im Modellmix, verursacht durch den Generationswechsel beim CX-3 Mitte des Jahres und durch den Marktstart des Mazda-Elektroautos MX-30 im September. Neben dem Elektroantrieb setzt Mazda künftig auch stark auf den CO2-armen Skyactiv-X-Motor. Durch die steuerbegünstigten Antriebe erwartet Mazda für 2020 speziell im Firmenkundengeschäft weitere Zuwächse.

[機械訳]
2020年には、モデルミックスに変化が生じます。これは、年半ばのCX-3の世代交代と、9月のマツダ電気自動車MX-30の市場投入によって引き起こされました。 電気駆動に加えて、マツダは将来、低炭素のSkyactiv-Xエンジンにも大きく依存します。 マツダは、税制上の優遇措置により、特に2020年の法人顧客ビジネスでのさらなる成長を期待しています。

引用元:Erfolgsjahr für Mazda in Österreich – Mazda Austria Newsroom

こちらには「2020年にCX-3の世代交代」と書かれています。
日本でも色々と噂になっていましたが、ついにマツダオーストリアが公式に明言される形となりました。
「世代交代」という言葉はどういった意味になるのか。
純粋にフルモデルチェンジだけなのか。
それとも、名称すら変わる”交代”という形になるのか。
これは2020年が楽しみになってきましたねぇ。
ジュネーブモーターショーあたりで何か発表があったら面白そうですし、「第2ステップのディーゼルエンジン」も同時に発表されたら大興奮ものです。

続報を楽しみにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました