スポンサーリンク

夫婦が「NSU Ro80」で、ドイツ→マツダ広島本社まで走破

マツダ関連

マツダの象徴である「ロータリーエンジン」
そんなエンジンを世界初搭載した「NSU Ro80」で、ドイツの夫婦が偉業を成し遂げました。

情報元:Ein NSU Ro80 zu Besuch bei Mazda

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらには、いつもと異なる興味深いニュースが掲載されていました。

世界で初めてロータリーエンジンを搭載した「NSU Ro80」
その車両を所有するKlaus von Deylen氏が夫婦で、ロンドンからマツダ広島本社までを陸路で走破したそうです。実際の道のりは、ドイツ→ロシア・ウラジオストック→(フェリー)→韓国→(フェリー)→日本と、殆どを陸路で移動してきたことになります。
11,000kmを超える長旅路を終え、無事に広島に到着した夫妻はマツダ本社に到着。
マツダもそれを歓迎したそうです。

画像引用元:Ein NSU Ro80 zu Besuch bei Mazda

非常に綺麗な状態の車両ですねぇ。
素晴らしい。
その後、マツダの山本氏がマツダミュージアムなどを案内したり、特別な写真集などの贈呈などがあったそうです。

非常に素晴らしいお話ですねぇ。
実際にドイツの地を走っていた世界初のロータリーエンジン搭載車「Ro80」が、ロシアを横断し日本の地を踏むことが出来ました。
マツダにとってはロータリーエンジンは特別な存在ですからね。
とても夢のあるお話です。
夫妻の長い旅路でのエピソードもきになりますね。
私もこんなドリーミーな事をやってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました