スポンサーリンク

マツダの次世代スポーツカー「RX-9」には、ロータリーエンジンは搭載されない?

マツダ関連

マツダの新世代が幕を開けました。
開発が噂されている次世代スポーツカー「RX-9」に関するお話です。

情報元:Let Me Tell You About A Strange Rumor We Just Heard About A Future Mazda RX-9’s Engine

情報元は「JALOPNIK」です。
こちらには、「RX-9」に関する”噂話”の内容が掲載されていました。
内容は以下の通り。

  • とある信頼できる情報源から得た噂である
  • マツダは「RX-9」を開発している
  • ターボチャージャーを搭載、350~450馬力
  • 「ロータリーエンジン」は搭載しない
  • 代わりに「6気筒SKYACTIV-X」が搭載される

かなり前から、海外では「RX-9」というスポーツカーをマツダが開発しているという話が何度も出てきていました。
その噂話の続きのようですね。
情報源自体は正直、信頼性は皆無です。
また、マツダの新世代商品群は全て数字が二桁なので、この「RX-9」という名称自体もあまり信憑性はありません。

ただし、マツダが開発している次世代スポーツカーに「6気筒SKYACTIV-X」が搭載されるという話はあり得そうですねぇ。
マツダは、純粋な「ロータリーエンジン」の研究開発は進めていますが、実際に商品に搭載するのには慎重になっています。そう考えると、次世代スポーツカーを出すのにはまず「6気筒SKYACTIV-X」というのが妥当なような気もしますねぇ。

以上です。
これら噂話が本当かどうかはわかりません。
今後のマツダに期待することにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました