スポンサーリンク

MX-30 Rotary-EVに搭載されているロータリーエンジンの主要諸元

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの復活のロータリー「MX-30 RotaryーEV」

搭載されているロータリーエンジンの主要諸元についてです。

前回:マツダが「MX-30 Rotary-EV」の予約受注を本日から開始することを発表しました

前回、マツダが日本で「MX-30 Rotary-EV」の予約受注を開始したことを知りました。既に欧州では投入されていましたが、遂に日本仕様も登場しましたねぇ。

そこで気になるロータリーエンジンの主要諸元です。

用途 発電用
排気量 cc 830×1
トロコイド諸元
e:偏心量、R:創成半径(平行移動量含む)、b:ローターハウジング幅
mm e=17.5 R=120 b=76
圧縮比 11.9:1
最高出力 kW(PS)/rpm 53(71)/4500
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 112(11.4)/4500
燃料供給装置 直接噴射(Dl)
燃料タンク容量 L 50
吸気ポート形式 サイド
吸気ポート総数 2
排気ポート形式 サイド
排気ポート総数 2
アペックスシール 2.5mm幅2分割鋳鉄

830ccのロータリーエンジンとなっています。
バッテリー容量は「17.8kWh」でEVモデルと同じリチウムイオンバッテリーセルを使用しているそうで、モーター本体の冷却方式は「油冷」を採用しているとも記載されていました。

航続距離は「107km」
果たして、日本ではどのような反応になるのかが注目ですねぇ。