スポンサーリンク

オーストラリアの「CX-8」が商品改良、ガソリンエンジンモデルを追加

マツダ関連

マツダの3列シートSUV「CX-8」

オーストラリアでも、ガソリンエンジンモデルが追加されたようです。

情報元:2020 Mazda CX-8 pricing and specs | CarAdvice

情報元は「CarAdvice」です。
こちらに書かれている内容は、以下の通り。

  • ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5(140kW, 252Nm)」を搭載
  • グレードを拡充、「Touring」や「GT」を追加
  • 新しいガソリンエンジンのベースグレードではリーズナブルに
  • 夜間歩行者検知機能をそなえたSCBS
  • ウォークインスイッチ、3列目USB給電ポートを追加(Touring以上)
  • 8インチセンターディスプレイを搭載
  • サンルーフ追加
  • 屋根に吸音材を追加し、雨の日のノイズを軽減
  • オーナメントに新マツダフォント
  • 新しいキーフォブ

ついにオーストラリアにも、ガソリンエンジンモデルが追加されたようです。さらに、日本国内の2019年商品改良の内容も追加されており、本格的なテコ入れが行われました。オーストラリア市場でも、都市・ファミリー向けSUVとしての需要が高いのかもしれません。

また、マツダオーストラリアの公式ページでも商品改良されたCX-8のカタログなどが公開されており、そこには「オフロード・トラクション・アシスト」の文字がありました。日本よりも海外の方が需要がありそうな機能なので、搭載されてよかったですねぇ。

ちなみに、エンジンスペックは以下の通り。

画像引用元:Mazda CX-8 | 7-seater SUV

オーストラリアでも、CX-8は今後も投入は継続されるようです。
ただ、CX-8にガソリンエンジンが投入され。CX-9との棲み分けがより曖昧になっていきそうな気がするので、今後、どのような違いを出していくのかが気になります。

タイトルとURLをコピーしました