スポンサーリンク

ダイハツ タフトの7インチスタンダードナビにおいて「地図の道路が見にくい」という話

タフト
スポンサーリンク
- -- ---

ダイハツの軽SUV「タフト」

純正ナビの7インチスタンダードナビについての個人的な感想です。

タフトについては大変満足しています。
デザインも好み、燃費も良い、乗り心地も相性が良いなどなど、100万円台でこのクルマをこうにゅうできるというのは大変コスパが良いですよねぇ。最高。

ただ、唯一気になるのが「純正ナビ」です。
私は7インチスタンダードナビを購入したんですけど、ちょっと私との相性が悪いんですよね。

その一つが「地図の道路デザイン」です。

私は普段地図の縮尺を「50m」で利用することが多いんですけど、この縮尺だと細い道路は濃い灰色で表示されるんですよね。上記画像はナビ画面に寄って撮影しているので、特に見にくいということはないんですけど、実際に運転席に座ってから見るとかなり見辛いんですよね。

縮尺25mだとかなり見やすいんですけど、そのかわり地図で確認できる範囲が狭まってしまいます。どちらをとるか悩ましいので、一応2画面表示にしています。ただ、2画面だと交差点に差し掛かった際に一時的に消えてしまうのがネック。交差点表示と2画面地図を同時に表示してほしいし、縮尺50mの地図表示がもうちょっと見やすかったら特に不満はないんですよねぇ。

しばらくは使い続けますけど、将来的には他メーカーのナビなどを色々試してみたいですねぇ。