スポンサーリンク

新発売の「iPhone SE 2020」と「iPhone X」を比べてみる。

デジタル

2020年4月15日、Appleが新しいiPhoneを発表しました。

個人的にも注目していた機種だったので、私が所有しているiPhone Xとの性能を比較してみたいと思います。

情報元:iPhone SE、人気のデザインがパワフルな新しいスマートフォンとして登場 – Apple (日本)

2年ぶりに刷新された「iPhone SE」
エントリーモデルとして最もお求めやすい価格ということもあり、個人的にとても興味がありました。

発表された「iPhone SE 2020」は、iPhone 8をベースとして最新技術を搭載しているモデルで最安値は64GBで44,800円(税別)からです。

気になるのは、私が所有しているiPhone Xとの違いです。
Appleのサイトで性能比較ができるので、調べてみました。

iPhone X iPhone SE 2020 iPhone 8
ディスプレイサイズ 5.8インチ(OLED) 4.7インチ(LCD) 4.7インチ(LCD)
ボディ ステンレススチール アルミニウム アルミニウム
カメラ デュアル12MP(広角と望遠) シングル12MP(広角) シングル12MP(広角)
セキュリティ Face ID Touch ID Touch ID
チップ A11 A13 A11
バッテリー駆動時間 iPhone 7より
最大2時間長い
iPhone 8と同じ iPhone 7と同じ
解像度 2,436 x 1,125
(458 ppi)
1,334 x750 (326 ppi) 1,334 x750 (326 ppi)
重量 174 g 148 g 148 g
サイズ mm
(高さ x 幅 x 厚さ)
143.6 x 70.9 x 7.7 138.4 x 67.3 x 7.3 138.4 x 67.3 x 7.3
WiFi MIMO対応802.11ac Wi‑Fi MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6 MIMO対応802.11ac Wi‑Fi
IC エクスプレスカード 予備電力機能付き
エクスプレスカード
エクスプレスカード

iPhone Xは有機ディスプレイを採用していることもあり、iPhone SEなどとは結構違いがあるようですが、個人的にiPhone SEにはものすごく羨ましい機能が追加されています。

それは「Touch ID」と「予備電力機能付きエクスプレスカード」です。

正直、Face IDはものすごく使いづらいと感じました。
普段マスクを着けていますし、辺りの明るさで認証しない場合があったりと結構不自由に感じる場面がありました。なので、Touch IDが非常に羨ましい。
あれ、以前は使用していましたが、非常に使いやすかったんですよねぇ。

それと、最近iPhone Xの電池持ちが悪くなりました。
普段交通機関の支払いはiPhoneで済ませているのでこの「予備電力機能付きエクスプレスカード」は羨ましい。

しかもお値段も約5万円と比較的お手頃です。

さらに下取りサービスもやっており、iPhoneXの場合は約2万くらいは値引いてくれるみたいなので、非常に魅力的ですねぇ。

有機ディスプレイをとるか、Touch IDなどをとるか。
個人的にはiPhone Xの画面の大きさは、操作がし辛いと感じてるので揺らいでいます。

Appleもなかなか魅力的な商品を出してきましたねぇ。

タイトルとURLをコピーしました