スポンサーリンク

「iPhone SE 2020」に機種変更するか迷って下した私の決断

デジタル

先日発売された新型「iPhone SE 2020」

色々とスペックを見ていくうちに迷い始めた私が下した決断についてです。

iPhone SE 2020が発表されて以来、なんだかんだで色々と調べていくうちに「なかなかコストパフォーマンスの良い端末だ」と思うようになりました。

なにより一番興味があったのが「touch ID」でロック解除が行えることです。現在所有しているiPhone Xは「Face ID」を採用しており、マスクを常に装備している私にとってはほとんど使用しない機能なのでマスク無しで利用できる「touch ID」に惹かれていきました。

それと、以前のSEでは対応していなかった「おサイフケータイ」などにも対応、さらに「エクスプレスカード」機能も搭載というのも魅力的です。本体サイズもXより小さいので操作性が向上しそうですし。

悩み続けた結果、一つの決断に達しました。

「iPhone X」の続投です。
なんだかんだ言って、iPhone Xには必要十分なスペックや機能を備えていますし、何よりも有機ディスプレイというアドバンテージがあります。無理して変える必要もありません。

ただ、何もしないのも寂しいので液晶保護フィルムを購入しました。

保護フィルムなんてiPhone X本体と同時購入して以来のため、すでに「iPhone X用」というのはほとんど存在していないんですねぇ。はじめはiPhone XSなどと同じ画面サイズというのを知らずに一生懸命探してしまいました。

思いのほかすぐに届いたので、さくっと貼り付け。

保護フィルムを変えただけでも、結構新鮮な気持ちになりますねぇ。
これならわざわざ買い替える必要性は全くありません。
せっかく1円で購入できた端末なので、末永く使っていこうと思います。

スマートフォン選びでApple一択になったのは、いつからでしょうか?

思えば、東芝のT-01AやGlaxy Sなどを購入しては近未来を味わっていたものです。それがいつの間にかiPhoneしか購入しなくなりました。あの頃のAndroidはOSのバージョンアップが通信会社で制限されており、端末によっては直ぐに打ち切りにされてしまうものもあったので、それが嫌でiPhoneの門を叩きました。

ただ、最近のAndroidは昔と違うようですね。
次からは必要最低限の機能だけを有したAndroid端末も視野に入れていきたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました