スポンサーリンク

ドイツの「マツダミュージアム」、100周年を記念してヴァーチャルツアーが可能に。

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えました。

ドイツにある「マツダミュージアム」でヴァーチャルツアーが公開されています。

情報元:Mazda zaprasza na wirtualną wizytę do Muzeum Mazdy w Augsburgu

情報元は、マツダポーランドのニュースリリースです。

ドイツのアウグスブルグにあるマツダディーラーでは、40年以上マツダのクラシックモデルを収集してきており、「マツダ・クラシック オートモービルミュージアム」としてそれらを展示しているそうです。

展示品には、マツダの始まりである3輪トラック「マツダ号」をはじめ、コスモスポーツやファミリア、RX-7などの合計45台のマツダの歴史ある車両が展示されているんだとか。

また、このミュージアム自体も1897年に建造された路面電車の倉庫を利用しているらしく、非常にお洒落なミュージアムとなっているそうです。

このドイツにある「マツダミュージアム」が創立100周年を記念してヴァーチャルツアーに招待してくれるそうです。
これは粋なことをしてくれます。

さて、実際にヴァーチャルツアーをみてみます。

ヴァーチャルツアーはこちら
Virtuelle Museumstour – Mazda Classic – Automobil Museum Frey

外観から始まり、受付のお姉さんも確認することが出来ます。
さらに奥へ進んでいくと展示スペースへ到着。

画像引用元:Virtuelle Museumstour – Mazda Classic – Automobil Museum Frey

とても広い空間に、往年のマツダの名車が車両が大量に展示されています。

これは非常に見ごたえのありそうな博物館ですねぇ。

展示スペース上部にはMAZDAの旧式ロゴなども飾られており、日本の広島本社にあるマツダミュージアムと同じくらいに「マツダを学ぶ」ことが出来そうですねぇ。

マツダ号もあるのが、本当にすごい。

これは外出自粛の今こそ、自宅でゆっくりと見れそうです。
VRモードにも対応しているので、必要な機器を持っている人はたまらないかもしれません。

一度はこのドイツの博物館に行ってみたいですねぇ。

ちなみに、日本の「マツダミュージアム」もヴァーチャルツアーが可能となっています。
googleストリートビューで「マツダミュージアム」を見学する。

タイトルとURLをコピーしました