スポンサーリンク

マツダ新型EV「MX-30(オランダ仕様)」スペックを、カタログでよくみてみる。

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
東京モーターショー2019で世界初公開されました。

今回は、オランダで公開されているカタログについてです。

情報元:Mazda MX-30 – Nu te bestellen – €33.990 – Actieradius – Exterieur

情報元は、オランダのマツダ販売店「maceda」です。
MX-30のページにカタログと価格リストが公開されていました。

画像引用元:Mazda MX-30 – Nu te bestellen – €33.990 – Actieradius – Exterieur

「MX-30 FIRST EDITION」と書かれています。
他の国では「Launch Edition」と表記されたりと様々なんですね。
そして、見慣れない画像が掲載されていました。
運転席に座ってコマンダーコントロールを操作しています。
ひじ掛けとコマンダーコントロールの間に隙間がありますが、画像のように違和感なく操作できるようです。
個人的に気になるのは、どうやってドリンクホルダーを使用するのかです。
コルクの部分は蓋?なんでしょうかね。

さて、次にスペック表が掲載されていました。

画像引用元:Mazda MX-30 – Nu te bestellen – €33.990 – Actieradius – Exterieur

意外と初見かもしれません。
プレスリリースなどでは公開されていなかった情報などが書かれています。
折角なので、翻訳してみました。

技術仕様

※オランダ語を翻訳したため、正確ではありません。

MAZDA MX-30 FIRST EDITION*
E-SKYACTIV 141

▼リーチ
範囲(km) 200
▼エンジンタイプ
最大出力[kW(hp)/ t.p.m.] 105(141)/ n.n.b.
最大トルク(Nm / t.p.m.) 265 / n.n.b.
トランスミッション 1段AT伝送
電気駆動方式 voor
▼パフォーマンスと消費
加速(秒で0-100 km /h) n.n.b.
最高速度(km /h) n.n.b.
合計消費電流(kWh / 100 km) 19.0
CO2排出量***合計(g / km) 0
▼バッテリーおよび充電システム
電池の種類 リチウムイオン(パナソニック)
バッテリー重量(kg) 300
バッテリーの位置 底板
バッテリープラグイン CCS
バッテリー交換 モジュールごと
バッテリーは積極的に加熱/冷却 はい/はい
負荷タイプ CCS
充電ケーブル Mode3:Type2(4メートル)
公称容量(kWh / Ah) 35.5
充電時間AC 11 kW(100% in hours)Wallbox 9.0-9.5
充電時間AC 22 kW(100% in hours)Wallbox 4.5-5.0
充電時間DC 50 kW(80% in hours)高速充電機能 0.5-0.7
保証バッテリー(月数/ km) 96 / 160,000
▼測定と重量
全長/幅(ミラーを除く)/高さ(mm) 4,395 / 1,795 / 1,570
ホイールベース(mm) 2,665
タイヤサイズ 215/55(R18)
円の壁から壁への回転(m) n.n.b.
ヘッドルーム/レッグルーム/ショルダールーム(mm) 981/861 / 1,336
後部のヘッドルーム/レッグルーム/ショルダールーム(mm) n.n.b.
積載量、荷物スクリーンへの5人乗りのセットアップ(l) n.n.b.
後部座席(l)で屋根に折りたたまれた積載量 n.n.b.
最大許容重量(kg) 2,151
ランニングオーダーの質量(kg) 1,760
空の車両の質量(kg) 1,660
最大トレーラー重量(kg)、ブレーキあり(12%勾配) 0
最大トレーラー重量(kg)、無制限 0
ボール圧力(kg) 0

★注意
全てのデータは今後、変更となる場合があります。

なかなか詳細なデータが公開されています。
一部の数値はまだ公開されていません。
電気自動車だけに1段ATでなんですね。
また、タイヤサイズも意外と大きい印象。
バッテリーの保証は、走行距離だと16万キロとなかなか長距離を保証してくれます。
流石に初めてのEVだけに慎重ですねぇ。
それと、0-100km/h加速などのデータも気になります。
マツダは内燃機関の自動車と変わらない走りを強調しているので、際立った数値は期待できませんが、どのような仕上がりになるのでしょうか。
藤原副社長も「踏めば出る」と仰っていました。
乗ってみたいですねぇ。

以上です。
気になるマツダ初の量産EV「MX-30」がついにベールを脱ぎました。
今後の情報が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました