スポンサーリンク

新型MAZDA3とMAZDA6を同時に見比べることが出来る動画

マツダ関連

マツダの「MAZDA3」と「MAZDA6」

今回は両車種を同時に比較している動画についてです。

情報元はYoutubeです。
こちらには新型MAZDA3 SEDANとMAZDA6 SEDANを並べて外内装を比較している動画が公開されていました。

両方とも「ソウルレッドクリスタル」です。
こうして同時に見比べることはあまりないので新鮮ですねぇ。

動画の表紙画面で既に両車両を見比べることが出来るんですが、フロント部分に関してはMAZDA3の方は非常にデザインが洗練されているなぁと感じました。シグネチャーウイングやヘッドライトなどの一体感というか、まとまり感があります。これは極めて個人的な感想なんですが、MAZDA6のシグネチャーウイングとヘッドライトは少し違和感があるように感じてしまっているんです。MAZDA2のシグネチャーウイングは第6世代でありながらも非常にうまくデザインされているなぁと思っているので、不思議に思っていました。

ただ、サイドの部分は両モデルそれぞれ個性が出ており、どちらも美しさが表現されています。MAZDA6では動物の動く瞬間を表した「魂動」、MAZDA3では引き算の美学で表した「KODO」がそれぞれうまく表されていると思っています。

内装は装備に関しては、両者グレード差があるので何とも言えませんが、それでもMAZDA3の豪華さは改めて凄いなぁと思いました。上位グレードでなくともこれだけ上質さや機能性が備わっているので、この価値がわかる人には「お買い得」な価格なのかもしれません。

新世代商品の完成度が高いだけに、第6世代が元々すごいのに少し薄まってしまっている印象があります。ラージ群投入までにこの差をどう調整していくのか、マツダの手腕に期待したいところです。

タイトルとURLをコピーしました