スポンサーリンク

「MX-30」のステアリングパドルの特性についての説明

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

今回は「ステアリングパドル」の特性についてです。

情報元:Der neue vollelektrische Mazda MX-30 – Pressemappe

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらではプレスキットが公開されており、その中には「MX-30」の各機能などの詳細な説明が掲載されています。

その中でも興味深いのは「ステアリングパドル」です。
従来のクルマではシフトチェンジし利用するものですが、マツダの量産初EV「MX-30」では用途がだいぶ異なるようです。

以下がプレスキットに掲載されていた文を機械訳したものです。

ステアリングホイールのパドルでエンジンペダルの特性が変わる
ステアリングホイールのパドルは、ドライバーが様々な運転状況に非常に素早く反応することを可能にします。通常、電気自動車のステアリングホイールのパドルは、モータペダルを操作していない場合にのみ、回復の強さに影響を与える。
しかし、マツダは「人馬一体」の考え方に沿って、わざと違うアプローチをとっている。標準の「D」構成では、エンジンペダルを踏んでいないときの減速度は、試験で決定された最適値に対応しています。同様に、加速のためのペダル操作に対する車両の応答は、決定された理想値に対応するように設計されていた。
この標準仕様をベースに、ステアリングホイールのパドルを使って、あたかもMX-30が上り坂や下り坂を走行しているかのようなシミュレーションができるようになりました。これは、オトルペダルを踏んでいないときの減速度と、エンジンペダルを踏んでいるときの加速度の両方に影響します。
左側のステアリングホイールのパドルを使って、「D」から始まる2つのレベルを選択し、グラデーションをシミュレートすることができます。つまり、エンジンペダルを踏んでいないときは、減速度が高くなり、その結果、再起性が高まるということです。一方、加速や速度維持のためには、モーターペダルを もう少し先の話だ 坂道やワインディングカントリーロードなどでの走行時に気持ちよく、加速と減速の交互のコントロール性が向上します。
右ハンドルのパドルで「D」から2段階のレベルを選択し、グラデーションをシミュレートすることができます。これにより、急な勾配での運転がより快適になり
エンジンペダルの踏み込み量が少ない高速道路での一定速度維持がより快適になり、エンジンペダルを踏んでいないときの減速度が軽減されることで、より均一なドライビングスタイルを実現します。しかし、ここでも、より大きな減速が必要な場合は、ブレーキペダルを踏み込んだときのエネルギーを回復させることで、ブレーキバイワイヤブレーキシステムの可能性を最大限に活用しています。

引用元::Der neue vollelektrische Mazda MX-30 – Pressemappe

どうやら左右でペダルの特性が異なるようです。
通常の「D」状態では、マツダが試験した減速度で減速される仕組みになっており、このパドルを左右どちらかに2段階操作することによってさまざまなシチュエーションに対して快適な運転ができるようになるということらしいです。

左では減速度が高くなり、右では加速や速度維持などに最適な設定となっているらしく、減速度を調整できるみたいですねぇ。ということは、「D」状態の回生ブレーキもそれなりにあるということでしょうか?

これはぜひとも体験してみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました