スポンサーリンク

「MAZDA MX-30」の新たな画像が公開されました(ソウルレッド、モーター部、マツダコネクト編)

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

いままでにない、新たな写真が大量に公開されています。

情報元:Der neue vollelektrische Mazda MX-30 – Pressemappe

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらには「MX-30(欧州仕様)」の様々な画像が公開されています。あまりに数が多いので、個人的に興味を持った部分を見てみたいと思います。

まずは「ソウルレッドクリスタル(3トーン)」です。

画像:MAZDA DEUTSCHLAND

今までは白がメインでしたが、今回は「ソウルレッドクリスタル(3トーン)」の画像も大量に公開されています。正直、始めはソウルレッドとMX-30の組み合わせはどうなるのか少し不安に思っていましたが、そういったのが吹き飛ぶくらい似合っていますねぇ。ソウルレッドとグレー、そしてブラックの3トーンがかなりお洒落でいて、かっこいい。
個人的には一番似合うカラーリングだと思います。

次に「モーター(ボンネット)」です。

画像:MAZDA DEUTSCHLAND

モーターが収納されている部分も公開されました。
製品版でもかなりの隙間があるんですねぇ。
これだったら「内燃機関」を搭載することも可能なので、日本で導入が噂されている「ガソリンエンジン搭載モデル」というのも納得できます。
そして、エンジン名称「e-SKYACTIV」が眩しいですねぇ。

次に「マツダコネクト」です。

画像:MAZDA DEUTSCHLAND

MX-30では、新世代マツダコネクトに様々な「EV特化」した機能が追加されています。バッテリーモニターはもちろん、設定画面では「EV Setting」という項目などが存在しており、MAZDA3やCX-30とは異なる仕様になっていますねぇ。

そして最後に「メーター」です。

画像:MAZDA DEUTSCHLAND

速度メーターもMAZDA3やCX-30とは異なるデザインになっています、ギザギザなデザインではなく、非常にシンプルなデザインになっていますねぇ。

気になるのは、ガソリンエンジン搭載モデルではEV特化機能が搭載されないということになりそうなので、MX-30の「挑戦的技術」が薄れてしまうように思えます。ここら辺はどうカバーしていくのか気になりますねぇ。

以上です。
他にもまだまだ気になる点があるので、調べていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました